マスコミ対応

SISU News Center, Office of Communications and Public Affairs

Tel : +86 (21) 3537 2378

Email : news@shisu.edu.cn

Address :550 Dalian Road (W), Shanghai 200083, China

関連情報

本学教授 「日本言語文化研究会」に出席


24 March 2015 | By ZHAO & X.M. | SISU

3222015年「日本言語文化研究会」が東華大学延安西路キャンパスで行われた。今回の研究会は東華大学、名古屋大学、上海外大の共催したもので、中外の研究者14人が言語、文学、文化などの分野をめぐって学術成果を発表し、知見を交わした。

基調講演として名古屋大学福田真人教授が「近代日本の風呂と文学」というテーマで講演した。特に風呂の歴史概要と、明治以降の文人たちにとっての風呂、入浴、清潔などの研究成果を紹介した。

本学日本文化経済学院の許慈惠院長、徐旻准教授、凌蓉准教授のほか、大学院生らも研究会に参加した。研究会で許慈惠教授は「格助詞『で』の本質的意味をめぐって」というテーマで発表し、「で」という格助詞のすべての意味項に一様に貫かれる本質的意味として前接名詞が後続動詞実現の「凭借」ということであると指摘した。徐旻准教授は「中日通訳における『問題語句』についてーー教育現場の事例から」と題して、教育現場に見られる「問題語句」の分析を踏まえ、通訳教育に「クイックレスポンス」「スラッシュリーディング」練習の活用、中日同形語への再認識、連語組み合わせ練習の強化を提案した。凌蓉准教授は「会話における使役文の意味と機能」というテーマで、使役文研究のほとんどが書き言葉で行われたことを受け、話し言葉に着眼し会話における使役文の意味と機能を考察した。

共有:

マスコミ対応

SISU News Center, Office of Communications and Public Affairs

Tel : +86 (21) 3537 2378

Email : news@shisu.edu.cn

Address :550 Dalian Road (W), Shanghai 200083, China

関連情報